在宅勤務とは!?労働者側のメリットやデメリットまとめ【毎日地獄】

在宅勤務とは 在宅勤務中の過ごし方

在宅勤務とは家にいながら業務を行うことを言います。

しかし家で仕事ができるというのも案外地獄の毎日である可能性も秘めています。

というのも、在宅勤務を既に5年以上続けている私は最初の半年誰とも会わない環境がかなり心細くなり、寂しい気持ちにもなったからです。

そんな筆者の実体験を元に、この記事では働く側が感じるメリット、デメリットを紹介します。

最終的に書いてあることを参考に、「在宅勤務を導入するのか?」「在宅勤務をどう楽しむのか」2つの視点で楽しんでもらえたらと思います。

在宅勤務とは!?

在宅勤務とは自宅を拠点として仕事をすること。
(引用:wikipediaより)

自宅でできる範囲の業務を行う場合や、案外全ての業務が家でできる場合など様々なケースがあります。

業務内容を問わず、自宅を拠点に仕事をしていれば、在宅勤務という扱いになります。

今ではリモートワーク、テレワークという言われ方をしていますが、在宅勤務という日本語があるのでこのサイトではひたすら在宅勤務と言っています。

⇒【良い方の違いにあるニュアンスの差】

在宅勤務実践者の実態

在宅勤務のメリット

在宅勤務のメリットは下記があります。

・一人の時間が確保される
・何をしていても干渉されない
・通勤しなくて良い
・好きな環境を整えられる

会社の人との付き合いに頭を悩ませる必要が一切なっくなります。

そうなると、ストレスからはかなり解放されます。

働き方も自分で決められるし、満員電車に乗る必要もない。

しかし、そんなに良い事ばかりではありません。

在宅勤務のデメリット

在宅勤務のデメリットは下記があります。

・ずっと一人で会話がなく寂しい
・指示がないと手持ち無沙汰で暇
・仕事のやる気が起こらない
・1回サボるとずるずるサボり続ける
・外出が減り運動不足になる
・生活リズムが狂う

もちろん、絶対にこうなるわけではありませんが、高確率で上記のデメリットの様な状態になります。

正直自己管理ができる人でないと生産性が激落ちするというのが正直なところです。

生活リズムも狂わないように、会社に出勤していた時よりも、より強い気持ちで自分と向き合わないとダラダラした人間に成り下がってしまうので注意が必要です。

⇒【在宅勤務に必須なクッション
⇒【在宅勤務の呼び方の違いとは
⇒【在宅勤務メリットデメリット
⇒【在宅勤務中のランチ事情は!?
⇒【会社パソコンWi-Fi接続方法
⇒【在宅勤務の過ごし方徹底解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました