在宅勤務やる気でない!?自力でスイッチをオンにする方法【生産性】

在宅勤務 やる気 在宅勤務の悩み

在宅勤務ではやる気がなくなったら終わりです。

というのも、在宅勤務を既に5年以上続けている私はやる気の浮き沈みに悩み一時仕事に支障が出るレベルで落ちていたことがあるからです。

そんな筆者の実体験を元に、この記事ではやる気スイッチをオンにする方法を紹介します。

最終的にバリバリ自己管理しながら仕事ができるようになります。

そもそもメンタルがやられてない!?

やる気がなくなっているあなた。

今、もう何もかも嫌になって自己嫌悪に陥り病んでいませんか?

メンタルが弱っているとやる気を出すことなんて不可能です。

と言われてもメンタルを立て直すことなんて簡単にはできません。

安心して下さい。

この記事ではそこから、しっかり説明をしますよ。

まずは、一回そのレベルまで達することが目標かを見てみましょう。

指示待ちから自己管理モードに切り替え

在宅勤務中の自分を自分でしっかり管理して仕事を行える状態にすることが目標です。

指示が来るのをまつのではなく、自分で動ける状態にまでなれば、やる気をなくす云々の基準がかなり引き上げられます。

もし現在の仕事スタイルが指示待ちならば、自己管理モードに切り替えることを目標にしましょう。

仕事の内容的にそれは避けられないなら、自分にできることは他にないか考えられる状態を目指しましょう。

簡単に言うと、○○やりましょうか?と自分から言えるようになるイメージです。

まず小さな目標を達成するところから

ではその目標に向けて、メンタルがやられている人含めて何から始めるのがいいでしょうか?

まず小さな目標を達成することを習慣化することです。

まず自分だけのTODOリストを用意しましょう。

コンビニで売っているメモ帳で問題ありません。

そこにその日1日に自分がやることを書きます。

ルールは書いたことは何があっても絶対にやり抜くことです。

逆に最初はやり抜くことが難しいことは書かない方がいいでしょう。

クレーム処理の仕事しているなら、
①ワンコールで絶対に電話に出る
②1時間に2件は対応する
など。

絶対にできることを書いて、絶対に達成させます。

書いている内容は他の人に見られる必要がありません。

極端な話、自炊するとかもありです。

仕事だけに関わらず、1日過ごす中で絶対にできることを書いてやり抜きましょう。

これを続けると1カ月程で自分に自信を持てるようになり、メンタルも強くなって、やる気の管理もしっかりできます。

それが普通になったらスケジュールの立て方を学ぼう

それが普通になったら、スケジュールの立て方を学び、より高みを目指しましょう。

在宅勤務の過ごし方が不明すぎて病みそう!?【秘伝の自己管理法】
在宅勤務では過ごし方がわからなくなり、堕落して生活が続き、メンタルが弱って病むなんていうことを当然の様に起こります。 ...

⇒【在宅勤務でも出会いを作る方法
⇒【在宅勤務で太るのを防ぐ方法!!
⇒【在宅勤務は退屈!?防ぎ方の全て
⇒【在宅勤務の寂しさを紛らわす!!
⇒【在宅勤務のストレスに負けるな
⇒【在宅勤務やる気でない時の対処
⇒【在宅勤務でコロナ離婚が続出!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました